2020年

11月の日本橋三越本展の催事のお知らせです 9/1

9月の声を聴くと秋風が吹き2学期が始まる・・・・というような感覚が染みついていますが、今年は少し様子が違います。

まだまだ暑いのに夏の展示会はすべて終わっています。

扇子や日傘の出番は相変わらずですね。アトリエ・Kinamiではonline shopで1年を通してご覧いただけます。

 

さて、毎年、6月に続いて日本橋三越本店で開催させていただいている後半の催事の出展者が決まりましたのでお知らせいたします。

 

年越しの贈り物 ―しつらいと装いー (仮)

会期:11/18(水)~12/1日(火)

会場:日本橋三越本店本館5階 ギャラリーライフマイニング

 

11/18~12/1

片桐光治/limul

中村功/拝宮手漉き和紙工房(作品のみ)

辛島綾 注連縄

安藤和夫/創作家具安藤和夫 お厨子(作品のみ)

久保紀波・石塚智之/アトリエ・Kinami

 

11/18~24

金子朋恵(ガラス)

樋口加奈子(染織)

峯史仁 工房野の人 (組み紐)

 

11/25~12/1

箱瀬淳一(漆)

中島洋一(古典織物)

新啓織物(秩父銘仙ほぐし織)

松岡ようじ(ガラス)

 

詳細は追ってこちらでご案内いたします。

 


やっと梅雨明けの兆しが見え始めました。8月は函館の そらのAgerです。8/1

そらのAger は函館五稜郭に近いオールドホテル函館五稜郭の最上階の5階です。

ご紹介はこちらにも。

札幌でギャラリーを続けてこられた舟見優子さんが一大決心で移転される第1回目の作品展にお呼びいただきました。

アトリエ・Kiamiの扇子や日傘と共に、帯やそれに合う、高尾野草染め組み紐の峯史仁氏の帯締めもお持ちいたします。

新型コロナ禍、皆様どうぞご一緒にとお誘いしにくいのが残念ですがはじめての函館で新しいお客様にご覧いただければと思っております。


久保紀波作品展 銀座日々

2020年7月3日(金)~8日(水) 12:00~19:00(最終日は17:00閉場)

 新型コロナ禍、4月の予定が延期になり、この季節に開催させていただきました。梅雨の季節の中、御来場いただいた皆様、お電話やメールでお問い合わせくださった皆様、ありがとうございました。今までにないこの半年間、いろいろと考えさせられた貴重な時間でした。

この後は、8月の函館、11月の日本橋三越と決して多くはない展示の機会を大切に迎えたいと思います。

これからも、折に触れご覧いただければ幸いです。

 


 

日本橋三越本店の催事のご案内です  5/27

6/10(水)~23(火) 本館5階 ギャラリーライフマイニング

10(水)~12(金)11:00~19:00 短縮営業中

13(土)~23(火)10:00~19:00 平常営業

出品内容の一部は こちら からご覧いただけます。

それぞれの在庫は6月23日時点のものです。その後、販売されたものもございますので、現状は作者にお問い合わせをお願いいたします。

 

会期中には遠方のお客さまや、お出かけいただけない方にはお電話でご注文をしていただけます。

 

6月以降のスケジュールについて  5/7

霞のように桜の花と溶け合っていた木々の緑も濃い影を落とす季節になりました。

 春先からの作品展の予定がすべて中止となっていたアトリエ・Kinamiですが、6月からの予定の変更も含めてお知らせいたします。

 

■6月10日(火)~23日(水)

日本橋三越本店 本館5階ギャラリーライフマイニング

『手わざの夏』は予定通り開催いたします。

出展者情報などは追ってお知らせいたします。

 

■7月3日(金)~8日(水)

銀座日々

久保紀波作品展

※当初7月10日からに変更になっておりましたが、1週間早くなりました。

 

■8月

アゲル 函館

久保紀波作品展  詳細は追ってお知らせいたします

 

外での作品展が難しくなっている昨今、オンラインショップでの販売はアトリエ・Kinami日本の夏じたく共ご利用いただければ幸いです。


オンラインショップに新しい扇子ケースをUPしました 4/13

革を使ったがま口タイプの扇子ケースを作りました。

 

7寸用と6寸五分用の白いシリーズはこちらから。

同じく型押しの濃い色のタイプはこちらから

7寸5分の男性用はこちらから

 

扇子の保護の観点からは今までの布のケースに比べてかなり機能的です。

 

是非一度お試しください。

日本橋三越本店6月 扇面のワークショップの申し込みが始まりました 3/12

薄絹と葉脈で作る白い扇子

 

■場所:日本橋三越本店新館9階「三越カルチャーサロン」

■日時:2020年6月14日(日)11:00~12:00

■講師:久保紀波(染色家)

■持ち物:ボールペンまたは鉛筆、エプロン、落款(扇面に入れたい方)

■8,800円(税込み)

薄い羽二重の生機を2枚に合わせた間に和紙や葉脈など、思い思いの素材をレイアウトして挟み、オリジナルの扇面を制作いたします。薄い和紙に落款を押して挟んだり極薄い自然素材ならばご持参いただいたものを挟むことも出来ます。仕上げた扇面は京都の老舗、宮脇賣扇庵の職先で扇子に仕立てて後日皆様にお渡しいたします。

 

お申込み:三越カルチャーサロン直通電話 03-3274-8595(受付時間10:00~19:00)

 

オンラインでのお申込み:

三越カルチャーサロン 春の1日・短期講座←こちらから


2020年の前半のアトリエ・Kinamiの展示会予定をお知らせいたします。

 

4月3日(金)~8日(水)中止

銀座日々 「久保紀波 作品展」

※7月3日(金)~8日(水)に変更になりました。

5/7

 

5月22日(金)~24日(日)中止

三溪園 「日本の夏じたく」※コロナウイルスの状況を見極めるのが難しいため今年は中止になりました。 3/1

 

6月10日(水)~23日(火)

日本橋三越 「手わざの夏ーしつらいと装いー」

 ギャラリーつつい

 

8月7日(金)~16日(日) アゲル 函館

 ※それぞれの詳細は後日お知らせいたします。

日本橋三越では扇面制作のワークショップも開催の予定です。